自分を守りたいだけ。 最低?
<< GAME OVER !!! main 逃げ場なんてあの世にもないぜ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- - -
真夜中過ぎた 時計のダンス




笑う

「ねぇ、後ろ・・・」




憂う

「知っていた」





探す

「朝が来ない・・・」





池をのぞいて

ようやく気付く。


「・・・もう手遅れだ!」





「アナタの顔、もう忘れてしまったわ・・・」



日記 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト



- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://arazu.jugem.jp/trackback/141
trackback
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Mobile
qrcode
Sponsored Links